So-net無料ブログ作成

第9地区 [映画 *た]


第9地区 [DVD]
「第9地区」、観ました。

28年前、南アフリカ共和国の上空に突如現れた巨大な宇宙船。
中にいたエイリアンたちを難民として隔離し居住区を与えた、それが“第9地区”と呼ばれるエリアだ。
そして現在・・・第9地区では大規模な事業が始まろうとしていた。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン製作。
本年度アカデミー賞で作品賞などノミネートの話題のSF作品。

存在を知った時から楽しみにしていた本作、今日公開になりました。
さっそく行ってきました~^^
今までもエイリアンが登場する映画はたくさん作られてきましたが、その殆どが地球人に攻撃を仕掛けるような侵略ものであり、人類は存続のために応戦するといったパターンだったと思います。
それで無ければ、エイリアンと彼らに遭遇した一部の人間たちとの交流を描くパターンとか。
本作では南アフリカ共和国の上空で停滞してしまった宇宙船をこじ開けた地球人たちが、船内で瀕死の状態だったエイリアンを保護し、そのまま難民として受け入れる・・・という所が今までになかった新鮮な設定であり、非常に興味を引く所以でありますね~。
彼らはヨハネスブルグの一角を居住地として与えられるのですが、人間との間で様々な摩擦を引き起こしてしまうのです。

まず、彼らの住む“第9地区”はゴミの山のスラムと化し、食料を求めてゴミを漁る姿は日常茶飯事。
人間を襲い物を奪う犯罪も多発、そしてエイリアンたちは自分たちが持ってきた武器を、それを欲しがる人間のマフィアに売り、代わりに食料を得るという裏取引まで覚えてしまう。
近隣に住む人間はエイリアンたちを排除する運動をはじめ、治安は悪化の一途を辿ります。
そこで人間の安全を守るため、彼らの居住地を今の第9地区から遠く離れた第10地区に移転する計画が実行されます。
政府から承認を受けた多国籍企業であるMNUが、エイリアンたちを速やかに移動させるべく作戦を開始。
この作戦の責任者であるヴィカスは、第9地区に向かうのですが、そこでとんでもない状況に遭遇してしまうのでした。

いや~、面白かったです!
こんな素っ頓狂なお話をきちんと観客に信じ込ませるのは、冒頭のドキュメンタリータッチのインタビュー映像の巧さでしょうか。
一気にこの異様な世界に引き込まれてしまいました^^
そして映画が進むにつれて、エイリアンと人間が共存している様子が映し出されていくのですが、見事なCGや美術が異星人の存在にもきちんと説得力を与えていました。
舞台となる南アフリカ共和国・・・と言えば「インビクタス/負けざる者たち」の記憶も新しく、また今年はサッカーワールドカップも開催されるなど話題の地ですが、今回もヨハネスブルグの空中に浮く宇宙船のビジュアル、またバラックが立ち並ぶ第9地区の景観など、世界観と非常にマッチしていてリアリティも抜群。

少々気味の悪い描写もありますが、かなり異色なSFアクションであり、摩訶不思議なパワーを持った作品でありました。
リアルな映像と激しいアクション、筋立てには多少先読める所が無くもないけど、なんせ勢いがありました。
そしてそこに、表と裏の顔を使い分け利潤の追求を第一に考える人たちとか、大きな権力の前に踏みにじられる個人の存在とか、そういったことなども含ませていて、なかなか深いものを感じました。
最後には(ネタバレ、反転します。 切なさまで感じさせるとは!あの鉄屑で花を作っていたのはヴィカスだよね~、切ない~。)お見事!と言いたいです。

DISTRICT 9  (2009)
 監督 ニール・ブロンカンプ
 シャールト・コプリー デヴィッド・ジェームズ ジェイソン・コープ
 ヴァネッサ・ハイウッド ナタリー・ボルト シルヴィン・ストライク ジョン・サムナー
nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 13

nice!の受付は締め切りました

コメント 21

コメントの受付は締め切りました
きさ

これ、意外な拾い物でしたね。
結構観客を選ぶ映画の様な気はしますが。
by きさ (2010-04-10 15:45) 

てくてく

xml_xslさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

きささん。
こんにちは^^
面白かったですよね、私は好きなタイプでした。
でも好き嫌いが分かれるかもしれないですね。
受け付けない人もいるかもしんない・・・^^;
いつもコメントをありがとうございます。
by てくてく (2010-04-10 17:16) 

おぉ!次郎

 是非この映画の世界に引きずり込まれたいです!

by おぉ!次郎 (2010-04-10 17:33) 

コッスン

これ、スルーしようと思ってたけど
今日のブランチで
シャルト・コプリーさんのインタビューみてて
もともとはプロデューサーだった
監督と友達だったから主演にされ
セリフもなく、すべてアドリブだったと言ってて
思わず見たくなりました。
シャルトコプリーさんは、今や
ハリウッドからオファーがものすごいのに
気取らずおもろい人でした。
そして、エビ星人?とのシーンはほんとはいないそうで
どんな演技してどんな仕上がりなのか見てみたいですー。
それに、コプリーさんも撃たれるエイリアンも演じてるんだって。
見てみたい。

by コッスン (2010-04-10 22:55) 

タマンテグ

はじめまして、同じく第9地区を見ました。
あまり映画を観ないので色々な方の感想を見ていたのですが
やはり変わった映画なのですね。
観終わってもSFアクションのジャンルに入るのか分かりません笑
by タマンテグ (2010-04-10 23:47) 

てくてく

おぉ!次郎さん。
こんにちは^^
なかな吸引力のある映画でした~。
引き込まれたいただきたいですね~^^
nice!&コメント、ありがとうございます。

きささん。
こんにちは^^
nice!もいただき、ありがとうございます。

コッスンさん。
こんにちは^^
コプリーさん、ヴィカス役の方ですね。
本来は作り手側の方なんですか?
とても演技も上手かったです。
俳優さんとしても活動されていたのかな~。
(エイリアンの役もこなすとは、スゴスギ^^)
全然、観たことのない人ってことで、
すごくリアリティを出してましたよ、
彼の起用は成功ですね^^
コッスンさんもどうですか~(^○^)/
nice!&コメント、ありがとうございます。

タマンテグさん。
はじめまして、こんにちは^^
そうですよね、一口にジャンルを限定できない
奥深さがありましたよね。
後半はアクションシーンも激しかったので、
“SFアクション”と書きましたが^^
本作、かなり変わった作品でしたね。
コメントをありがとうございました。

タケルさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2010-04-11 16:43) 

バラサ☆バラサ

かなり期待していたのですが、それ以上に満足です。
設定が独創的でしたね。ドキュメントタッチと無名の役者人もいいです。

クリストファーと友達になる自信はありませんが。

by バラサ☆バラサ (2010-04-12 01:30) 

てぷこだん

は、はやい^^
もう観に行かれたんですね~
わたくしも今週の休みに観に行こうと思ってます。
このような映画が、アカデミー賞にノミネートされるなんて意外だったのですが、
かなり好評判のようですね!
楽しみです^^

by てぷこだん (2010-04-12 12:16) 

てくてく

バラサ☆バラサさん。
こんにちは^^
私も楽しみにしてました。
期待を裏切ることのない面白さでしたね!
クリストファーは無理かもしれませんが、
彼の子供なら、もしかしたら友達になれるかも?!
nice!&コメント、ありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんにちは^^
今年はノミネート作品が10個に増えたせいか、
個性的な本作も選ばれてましたね!
でもそれを置いても、やはり面白いです、納得のノミネートです^^
そして、絶対てぷこだんさんも気に入るんじゃないかな~。
そんな気がしますよ~^^
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-04-14 17:59) 

ジジョ

こんにちは☆
新人監督だからなのか、ものすごいパワーがありましたね!
ピータージャクソンだから?なスプラッター感も炸裂でw
作ってる人たちの生き生きした表情が見えそうでした☆
by ジジョ (2010-04-15 05:41) 

non_0101

こんにちは。
> 冒頭のドキュメンタリータッチのインタビュー映像の巧さでしょうか
あれは上手かったですね!
単純な私はすっかり引き込まれてしまいました(^^ゞ
でも、その後の展開が観ていてちょっと辛かったです~
ラストは切なかったですね☆
by non_0101 (2010-04-15 12:45) 

よーじっく

こんばんはぁ(^^)/
いちいち細かく描かないで、状況説明を
冒頭のインタビューで済ませて、後半への
伏線とする手法は、うまい演出だと思います。
面白かったですね。(^_^)
by よーじっく (2010-04-15 23:07) 

てくてく

ジジョさん。
こんばんは^^
あぁ、そうですね!
きっと楽しくってノリノリで作っていたかもしれません^^
パワーが溢れていてすごい吸引力でした。
好き嫌いはありそうですが(笑)
nice!&コメント、ありがとうございます。

nonさん。
こんばんは^^
私も思いっきし引き込まれてしまいました~^^
後半の激しいアクションシーンにも釘付け。
うぅぅ~、となる場面もありましたが(汗)
最後の最後には夫婦愛もチラリと見せて、
切なくさせるなんてやりますな!
nice!&コメント、ありがとうございます。

よーじっくさん。
こんばんは^^
インタビューを聞いているうちに
なにやら不穏な出来事が起こりそうなにおいがプンプン^^
巧みでしたよね~。
すっかり乗っちゃいました^^
いつもコメントをありがとうございます。
by てくてく (2010-04-16 00:18) 

コッスン

素っ頓狂過ぎて、醒めて見始めたんだけど
あまりにコプリーさんが必死なので
開き直って見始めたら
それなりに面白かったですよー。
全米公開の時、話題になってましたからね。

それよりウェストサイド物語が完売で見れなかったことが悔しいです。

by コッスン (2010-04-21 01:52) 

てくてく

コッスンさん。
こんばんは^^
あはは~、コプリーさん、必死でしたよね。
ビビリの癖に大役を任せられて必死で頑張ってるし、
後半は後半で・・・ねぇ^^;
かなり変わった作品なんで、話題になったでしょうね。

ウエストサイド物語、残念でしたね、まだチャンスはあるんですよね?
ファイティン!
ふたたびのコメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-04-22 20:49) 

hash

>世界観と非常にマッチして
南アフリカを舞台にしたのが、最大の成功要因ですね。
とにかく、パワーを感じる作品でした。
by hash (2010-04-24 21:40) 

てくてく

hashさん。
こんにちは^^
何かと話題の南アフリカ・・・。
この作品の舞台に非常にマッチしてました。
面白い作品でしたよね^^
何とも言えない勢いを放ってました!
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-04-25 18:16) 

cs

自分もこういう作品があるのを知ってかなり興味が沸いてて、公開を心待ちにしてました。
映像表現も舞台設定も著名な俳優さんが出てこないところも、群を抜いたオリジナリティになってて、一気に観終えた感覚です。これを娯楽作と呼ぶにはあまりに様々な要素も含んでてカテゴライズしようもない飄々とした世界観がすごかったです。
そしてもちろん状況は全く違うんですが、自分も「インビクタス」のことを自然と思い浮かべてしまいました。それが結びつくような妙にリアルな作品でしたね。
by cs (2010-05-01 08:32) 

てくてく

csさん。
こんにちは^^
今までにない独創的な作品でしたね。
低予算で作られた、というのも驚きです。
私は単純にこの映画、面白かったです。
色々な要素を含んだ奥深さももちろん感じましたが、
スピード感ある展開と斬新な映像が良かったです^^
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-05-01 18:12) 

ken

アカデミー賞作品賞のノミネート発表のとき、正直驚きました。
でもノミネート数を10作品にしたからこそ選ばれた1作で
かつ、こういった作品をノミネートできるだけでも10作にした価値があったなと
思いました。映画はアイディアだけでまだまだ面白く出来るんですね。
by ken (2010-09-05 22:53) 

てくてく

kenさん。
こんばんは^^
アカデミー賞ノミネート作品の中で
ピカイチのインパクトでした!
絶対、観たい、と思わせられましたもん^^
価値のある変更点でしたね。

もっともっと、色んなアイデアを駆使した面白い映画が観たいです!
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-09-10 22:48) 

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。