So-net無料ブログ作成

サイコ [映画 *さ]


サイコ (1960) ― コレクターズ・エディション [DVD]
「サイコ」、観ました。

アルフレッド・ヒッチコック監督の1960年の作品。
サイコ・サスペンスの元祖として伝説的な映画である。

今では数々の映画が作られているジャンルであるサイコ・サスペンス。
ヒッチコックの「サイコ」はこのジャンルの草分け的存在であるらしい。
これほど有名な作品ですが、私は今回が初めての鑑賞です。

観終わって一言。
“これが今から50年も前に作られたなんて!”
ほとんど感嘆の呟きを洩らしてしまいました。
50年の時を経ても、何ら遜色することの無い面白さに満ちた映画。
面白い・・・と言うのもあれなんですが、本当にそうなんです。

マリオンという女性事務員、彼女は会社のお金を横領し、そのまま車に乗って町を出ます。
彼女の足は自然と恋人・サムの住む町へと向かうのですが、途中で降り出した雨もあり、とあるモーテルに立ち寄ることにするのです。
彼女を迎え入れたモーテルの支配人はノーマンという若い男。
ノーマンは寂れたモーテルを経営しながら、離れにある一軒家で母親と二人暮らし。
この夜、ここに宿泊したマリオンの身に災難が降りかかるのです・・・。

映画の最初から最後まで、不安な空気が漂い観る者を怯えさせます。
それがピークに達するのは、シャワールームで起こる殺人。
さすがに未見の私でも、このシーンは目にしたことがあります。
まるで金切り声を思わせるあの音楽も、きっと誰でも聞き覚えがあるはず。
シャワーのしずくや振り下ろされるナイフ、慄く女性の顔をカット割で繋ぎ、凄惨な現場を描き出します。
間接的なショットを上手く配することで、直接的でむごたらしい表現をしなくても十二分に恐怖を演出できる事を証明する強烈なシーンでした。

50年前の観客は驚いた事でしょう!
かなりセンセーショナルな作品だった筈です。
その恐怖映像もさることながら、ストーリーの面でも斬新であると思うからです。
何故なら物語の中盤以降、着地点がまったく想像できなくなるだろうから。
マリオンの逃避行サスペンスだと思っていた観客を翻弄する展開が待っているから。
今でこそ、観客も多くのサイコ・サスペンスに慣れているというのがあるけれど・・・当時は違ったでしょうし。
それでも今でも面白さに変わりは無いと思います、むしろグロい表現とかなくてあの恐怖は流石としか言いようがない。

この作品は後の映画に多大なる影響を与えたのでしょうね。
私自身、あまり得意なジャンルじゃ無い事もあって、そんなに沢山は知らないのですが、それでも観ている途中でチラホラと浮かんだ映画がありました。
例えば、
 ◎雨のモーテル&(ネタバレ・多重人格) → 「アイデンティティー」
 ◎沼に沈む車 → ゴミ捨て場に沈む金庫 「ラブリーボーン」
 ◎一軒家を捜索するマリオンの妹 → ここで犯人宅を捜索するクラリスを連想した私、何故だろ、
                         どっか似てるかな 「羊たちの沈黙」

私の小さな引き出しからはこれ位しか浮かばなかったんだけど、きっともっともっと、影響を受けた作品は山のようにあるんだろうな~。
そんな想像も難くない作品でありました。

PSYCHO  (1960)
 監督 アルフレッド・ヒッチコック
 アンソニー・パーキンス ジャネット・リー ジョン・ギャヴァン
 ヴェラ・マイルズ マーティン・バルサム サイモン・オークランド
nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

nice!の受付は締め切りました

コメント 9

コメントの受付は締め切りました
きさ

これをご覧になりましたか。
コワイですが、面白いですよね。
今の目から見るとどうなのかと思いますが、ハナシが心理的に怖いです。
ジャネット・リーの話と思わせて、、というのがうまいですね。
実はヒッチコックはショッカーはあまり撮っていないのでこの映画はあまりヒッチコックらしくないと思ったりもするのですが、さすがにうまいですね。
この映画に関しては影響は大きいですね。
てくてくさんが例にあげている意外にもいただき映画は多いと思います。

by きさ (2010-05-14 23:07) 

coco030705

こんにちは。
ヒッチコック大好きなのに、未見の映画です。とても有名ですよね。
部分部分をTVの映画解説などで観ただけで、なんとなく観たような気になってしまって……。レビューをよませていただいたら、すごくおもしろそうだと思いました。ぜひいつか観てみます。
by coco030705 (2010-05-16 16:04) 

てくてく

xml_xslさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

きささん。
こんにちは^^
おっ、きささん、プロフィール写真が変わりましたね^^
この写真は個性が出ていて、けっこう楽しいですよね!

今観ても、全然おもしろかったですよ。
近頃は刺激の多い映像満載の映画も沢山あって、
あまりに恐ろしいのは敬遠していますが、
本作のように直接見せなくても十分怖さが伝わる・・・
っていうのが凄いな~、と思いました。
nice!&コメント、ありがとうございます。

ナノノさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

toramanさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

あきらさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

ココさん。
こんにちは^^
この映画は色々と話題に上ることも多いので、
私も観た気分・・・っていうのはありました。
あの有名なシャワーのシーンもそうです。
見ごたえのある作品でした。
恐怖がきちんと描かれていたと思います。
是非、ココさんにもご覧になって欲しいな~^^
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-05-16 17:50) 

きさ

いや、実はプロフィール写真の設定の仕方が分からなかったのですが、試行錯誤して変えてみました。
昨年の夏お台場に見に行った時に撮った写真です。
今の目から見るとほとんど血が出ないのに、ショッキングですね。
シャワーシーンはソウル・バスが協力したというハナシも。

by きさ (2010-05-16 19:26) 

コッスン

この間の新ビバヒルでやってました。(笑)
これもしっかり見たことないから
今度、ちゃんとしっかり見てみます。

by コッスン (2010-05-18 15:20) 

てくてく

きささん。
こんばんは^^
きささんが撮られた写真なのですね。
あのお台場のでっかいガンダムですか^^
バックの色が暮れ行く夕闇って感じで素敵ですね。

グロイ映像がある訳ではなく、
演出で恐怖をかもし出していましたね。
観客に想像させて怖さを感じさせる、上手いですよね^^
再びのコメント、ありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

コッスンさん。
こんばんは^^
新ビバヒルってNHKでやってるやつかな?
その中に出てきてたんですね^^
有名な作品ですから、色んな所に顔を出しているのかも。
また、ご覧になってみて下さい。
全然、話は変わるけど、
6月から「イ・サン」のノーカット字幕版始まりますよね。
「イ・サン」見逃してたので、次は絶対観るつもりです^^
nice!&コメント、ありがとうございます。

よーじっくさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2010-05-20 21:10) 

きさ

ハナシがそれますが、お台場のガンダム、あと数日で公開が終わると知ったので会社帰りに見に行きました。
特にガンダムのファンという訳でもないのですが、やはりあれは一見の価値がありました。
18メートルって本当にでっかいです。
夜に見るのも良かったですが、昼にも行ってみたかったです。
巨大構造物ってやっぱり面白いですね。
by きさ (2010-05-21 00:27) 

コッスン

え??NHKですか?
イサン、ノーカット字幕。
人気あるってことですかね。>イサン
私はもう全部見ちゃったからねー(笑)

by コッスン (2010-05-22 22:14) 

てくてく

おぉ!次郎さん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

きささん。
こんばんは^^
18m、それは大きいですよね。
ちょっとしたビルくらいの高さはありますよね。
私も近くだったら観に行きたい。
会社帰りに行けるなんてうらやましいです^^
いつもコメントをありがとうございます。

コッスンさん。
こんばんは^^
そうそう、NHK・hiだと思います。
私は気がついたらいつも見逃してたので、
今回は絶対忘れないようにしたいです。
週に2話ずつの放送だというので、
サクサクみられそうですね^^
いつもコメントをありがとうございます。
by てくてく (2010-05-24 23:47) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。