So-net無料ブログ作成

イングロリアス・バスターズ [映画 *あ]


イングロリアス・バスターズ [DVD]
「イングロリアス・バスターズ」、観ました。

ナチス占領下のフランスで家族を殺されたショシャナ。
それを指揮したのは“ユダヤ・ハンター”の名で知られるナチス親衛隊のランダ大佐。
同じ頃、アメリカ特殊部隊のレイン中尉引きいる“イングロリアス・バスターズ”はナチス兵を血祭りにあげ、名を馳せていた。
数年後、名前を変え生き延びたショシャナはナチスへの復讐を誓う。
クエンティン・タランティーノ監督が描く戦争映画。

実はタランティーノ監督には苦手意識がありました。
いつも人がバンバン死んでいって結構残忍だったりするのに、それがスタイリッシュな感じに見えたりするのが、どうも受け入れ辛かった。
なのでブラピが出演している本作も、どうしようかと思いつつ、結局観に行かずじまいでした。
ところが、本作、とても面白かったし、上手い作りになっていて最後までイッキ観してしまった^^

家族を失ったショシャナは数年後、小さな映画館の経営者となっていた。
ある日、若いナチス兵に声を掛けられたことから、ショシャナは胸に抱いていた復讐を実行にうつす機会を得るのです。
ショシャナの映画館で、ナチス兵を主役にした映画の試写会“ナチスの宵”が行われることになり、そこにはナチスの高官達も数多く出席する・・・そこを一気に狙う彼女の計画。
そしてこの“ナチスの宵”の警備責任者が他でもないランド大佐!
また、ショシャナと同じく“ナチスの宵”に目を付けたのがバスターズのレイン中尉。
それぞれの登場人物が紡いできた血塗られた糸が、クライマックスに向けて絡み合う。

観ていて非常に面白いと思ったのが言葉。
この映画、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語と、様々な言語が飛び交います。
こういう時世では言葉も武器になるんですね。
ランド大佐の強みは、様々な言語を操れるという所で、これは本当に怖いです。
どれだけその言語に精通しているかが命の分かれ目になったり、命取りになったり。
同じような意味で、ダイアン・クルーガーが出ていた酒場の場面も、かなりヒヤヒヤ、ドキドキもの。
色んな国の言葉が理解できるってかなりの強みだと、しみじみ感じ入りました。
そして、こんな風にちゃんとその国の言葉を役者が喋っているのが、当たり前の事なんだけどとても良かったですね、映画としてちゃんとしてると思いました。
(英語しか喋れないブラピは、それはそれで可愛かったけど^^*プフッ。)

ランド大佐を演じたクリストフ・ヴァルツは本作でアカデミー賞助演男優賞を獲得。
受賞のスピーチ時、とても謙虚な姿勢でタランティーノ監督に感謝の意を表していたのが好印象でした。
どんな演技かと楽しみに観ましたが、助演というより主演といってもいい存在感。
受賞も納得の絶妙の演技、抜け目無くしたたかな男をコミカルに演じてました。
また、ショシャナを演じたのは先日鑑賞「オーケストラ!」にも出演していたメラニー・ロラン。
彼女もいいですね~、頬に赤くチークで線を引くところにはシビれた!

公開されたとき、“面白くなかったら全額返金します”とか言ってたけど、これなら“返金して“とは言わないな、私は^^

INGLOURIOUS BASTERDS  (2009)
 監督 クエンティン・タランティーノ
 ブラッド・ピット クリストフ・ヴァルツ メラニー・ロラン ミヒャエル・ファスベンダー
 ダイアン・クルーガー イーライ・ロス ダニエル・ブリュール ティル・シュヴァイガー
 サム・レヴァイン ポール・ラスト ジュリー・ドレフュス マイク・マイヤーズ
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

nice!の受付は締め切りました

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
きさ

私もタランティーノには割と苦手意識があるかも。
「レザボア・ドッグス」とか割りと好きなんですが、割とバイオレンス描写がどうもな、というのもあります。
本作もまあ楽しく見たのですが、ラストがどうも、、
メラニー・ロランの復讐バナシとブラッド・ピットのバスターズの話がラストに絡んでくるのかと思ったのですが、、、
途中はさすがにハラハラさせます。
良くも悪くもやっぱりタランティーノ作品なので、タランティーノファンには全く問題ないでしょうが。


by きさ (2010-07-17 18:05) 

コッスン

フィルム燃やしちゃうのがとても辛かったです。
ああーーもったいないー。

by コッスン (2010-07-17 22:49) 

てくてく

xml_xslさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

MDISATOHさん。
はじめまして、こんにちは^^
nice!をありがとうございます。

きささん。
こんにちは^^
「レザボア・ドッグス」って評価高いですよね。
私は未見なのですが。
先に「パルプ・フィクション」、「ジャッキー・ブラウン」を観て
“苦手かも?”と思ったんです。
次に「キル・ビル」を観てダメになってしまった^^;
それから避けてたかもしれない・・・。
でも本作は観やすかったですね。
次回作は観ようと思うかもしれないです^^
nice!&コメント、ありがとうございます。

Extra-Lowさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

コッスンさん。
こんにちは^^
フィルムって昔は燃えやすかったんですね~。
「ニューシネマ・パラダイス」を思い出しました。
あの映画でも、だからあんなに燃えてたんですね。
nice!&コメント、ありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。

toramanさん。
こんにちは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2010-07-18 15:51) 

コッスン

てくてくさん
レザボアドッグスは
素晴らしいです。
ブシェーミの独り勝ちのような感じです。
by コッスン (2010-07-18 18:41) 

てくてく

thisisajinさん。
はじめまして、こんばんは^^
nice!をありがとうございます。
by てくてく (2010-07-18 20:30) 

てくてく

コッスンさん。
こんばんは^^
スティーヴ・ブシェーミですか?
その配役だけでなんか面白そう^^
いっぺん、観てみようかな~。
再びのコメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-07-18 20:34) 

きさ

私もブシェーミのファンになったのは「レザボア・ドッグス」ですね。
タランティーノ本人も役者としてはいいですが。
ブシェーミ好きなんですが、最近あまり見ないような。

by きさ (2010-07-19 07:33) 

てくてく

きささん。
こんばんは^^
タランティーノ監督も出演してるんですか。
彼のビジュアルはなかなか良いですよね^^
レンタルして来ました、後で観ます!
再びのコメント、ありがとうございます。
by てくてく (2010-07-25 00:00) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。