So-net無料ブログ作成

ヒックとドラゴン [映画 *は]


ヒックとドラゴン ボーン・クラッシャーの伝説エディション [DVD]
「ヒックとドラゴン」、観ました。

バイキングの少年と傷ついたドラゴンとの友情を描いた冒険アニメ。

長年に渡りドラゴンと戦いながら暮らしてきたバーク島のバイキング達。
手ごわい相手との百戦練磨で男達のみならず、女達の腕前もたいしたもの。
そんな中、ヒックという少年だけは浮いた存在。
気弱で争いごとに向かない彼は、島のリーダーである父親からの信頼も得られずにいた。
そんなある日、森の中で傷付き飛べなくなったドラゴンと出会ったヒックは、心配で毎日様子を見に行くようになる。
ヒックはドラゴンに“トゥース”という名前を付け、少しずつ信頼関係を築いていくのだった。

これはヒック少年の成長物語。
トゥースと関わるうちに、ヒックはあることに気付くのです。
人間がドラゴンを恐れているのと同じように、彼らも人間を恐れている。
恐怖が敵意を生み、憎しみを煽っていることに。
それは果たして正しいことなのか。
先祖代々“ドラゴンは悪だ”と信じ、それを疑う事なく戦いを続けてきた部族に、所謂はみ出し者であった少年が新風を吹き込んで行くことになります。
その風はバイキングらのそれまでの価値観を吹き飛ばし、ドラゴンたちとの新たな生き方を創造していく・・・。
ヒックの成長であり、そこに生きる全ての者達の成長を描いた物語。

伝説のドラゴンが生き生きと躍動する、アニメーションンならでは、といった作品。
何よりもトゥースに乗って空を飛ぶヒックの映像はスピード感と生命力に溢れています。
流れる雲やきらめく海原、感嘆するほど美しかった。
人物の表情なんかもきめ細かで、いつもながらにアニメーションの技術向上にも驚かされました。

劇場では3Dで公開されていたようです。
正直、3Dの必要性に疑問を感じたりする事もあるけれど^^;、本作は3Dで観たかったかな、と思ってしまいました^^

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON  (2010)
 監督 クリス・サンダース ディーン・デュボア
 ジェイ・バイシェル ジェラルド・バトラー アメリカ・フェレーラ
 クレイグ・ファーガソン ジョナ・ヒル T・J・ミラー
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

nice!の受付は締め切りました

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
てくてく

xml_xslさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-01-17 01:14) 

きさ

面白かったですね。
私は劇場で見たのですが、3Dが時間が合わず2Dでした。
主人公ヒックとドラゴンの飛行シーンが素晴らしい。
正直それだけでいいという気もするのですが、ストーリーと演出もいいです。
バイキングの落ちこぼれヒックがドラゴンと出会う事から成長していく所、ヒックの父とヒックがうまくコミュニュケーションできない事などが後半効いてきます。
このさりげないながら丁寧な描写があるので、飛行シーンの爽快感がとびきりの物に感じられました。
2Dでも楽しめましたが、飛行シーンだけは3Dで見直したい気もします。
by きさ (2011-01-17 05:32) 

てぷこだん

おはようございます^^
この映画は先日までノーマークだったのですが、いつも読んでる雑誌で、「観なきゃ損・掘り出し映画ランキング」というものでベスト3に入ってたんですよ。
それからちょいと気になってはおりましたw
DVDで借りようか迷ってますが、もうすぐ地上波でもやるかな~^^;
by てぷこだん (2011-01-17 08:48) 

コッスン

私は字幕で見たんで2Dでしたが
やはり、トゥースレスに乗って飛行するシーンは
3Dだと迫力だと思います。
この作品、素晴らしかったですね。
傷ついたトゥースレスの尾ヒレを作って、
ヒカップが操作することで飛べるようになり
ラストシーンは・・・結構悲しい。
ヒカップもトゥースレスと同じ境遇になってしまう・・・
でも、肉体的には傷ついたモノ通しでも
ハッピーエンド的なラストで、素晴らしい!!と思える映画でした。

ソーシャルネットワークも素晴らしいです。
by コッスン (2011-01-20 00:21) 

non_0101

こんばんは。
映像が綺麗でしたね~
トゥースの表情も可愛いかったです(^^)
ラストの姿にびっくりした覚えがあります。
そこがディズニーアニメとは違うのかもと思いながら観ていました☆
by non_0101 (2011-01-22 20:47) 

てくてく

きささん。
こんばんは^^
面白かったです。
バイキングって事で「小さなバイキングビッケ」を思い出しました。
小さい頃、好きで観ていたけど細かくはあんまり覚えてない^^;
あの帽子?兜みたいなのをかぶってたな~、なんて。
そういう所でも懐かしさもあって、よけいに楽しかったのかも。
飛行シーンは素晴しく美しかったです。
映画館で観たら、もっと感動しただろうな~、と思いました。
nice!&コメント、ありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんばんは^^
確かにこれは掘り出し物かもしれません!
画もきれいだし、お話もいいです。
最近は地上波でも早く放送されるから、どうでしょうね^^
私はもし放送されたら、絶対録画します。
nice!&コメント、ありがとうございます。

shin.sionさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

mwainfoさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

toramanさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

コッスンさん。
こんばんは^^
トゥースレス・・・そうか、ホントはトゥースレスなんですね!
歯がない(普段は^^)。
日本ではオードリーが宣伝してたし、
トゥースの方が覚えやすいし、そうなったのかな~^^
ラストは驚きましたが
それを乗り越える強さを備えたヒックが頼もしく思えました。
ハッピーエンドだと思います。
nice!&コメント、ありがとうございます。

うつマモルさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

ryo1216さん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

nonさん。
こんばんは^^
確かにディズニーとは一味違いましたね。
トゥースとの絆、冒険を経て身に付いた自信、
父との信頼関係などを得たヒックなら、乗り越えられるのでは。
そんな風に思えるラストでしたね^^
nice!&コメント、ありがとうございます。

Extra-Lowさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-01-23 18:49) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。