So-net無料ブログ作成

ヒア アフター [映画 *は]


ヒア アフター [DVD]
「ヒア アフター」、観ました。

死を身近に体験した人たちの苦しみと、そこから新たな一歩を踏み出す姿を描いたヒューマンドラマ。
監督は「インビクタス/負けざる者たち」「グラントリノ」のクリント・イーストウッド。

フランスの女性キャスター・マリーはバカンス先のビーチで大津波に巻き込まれ九死に一生を得る。
意識を失っていたその時、彼女は光に包まれ音の無い世界を体験した。
サンフランシスコで作業員として働くジョージは死者と対話できるという能力を持っているが、その力ゆえに生き辛い人生を歩んで来た。
イギリスに住む少年・マーカスは双子の兄・ジェイソンを事故で亡くし、悲しみから抜け出せずにいる。
死をめぐる体験から孤独や喪失感を味わう登場人物たちが、苦しみを乗り越え生きていく再生の物語。

イーストウッド監督らしい語り口でした。
“来世”や“スピリチュアル”といった謳い文句のイメージほど現実離れした話でもなく、図らずも死を身近に感じてしまった人達の孤独や苦しみをしっかりと描いていました。
霊能力を持つジョージも、その力を授かったが故に起こる周りとの摩擦や、実の兄にさえも彼の本意を理解してはもらえない、といった彼の人生の苦悩に重点を置いていたと思います。
ともすれば幻想的になり過ぎるところを、地に足の付いた物語にしている辺りは流石、イーストウッドだと感じました。

双子の兄を亡くしたマーカスは、現実を受け入れられずに兄を捜し求めます。
大切な人を失った喪失感を埋めてくれるものを求めては絶望を繰り返す少年の姿には、胸が痛みました。
演じた少年の表情の乏しさが、一層辛さを感じさせて・・・。

それぞれ違う人生を生きていた3人が、まるで運命に導かれるように1つの場所に集まり、その人生を交錯させるラストシーン。
ジョージとマーカス、2人の場面はやっぱりグッと込み上げるものがありました。
マーカスが兄の死を受け入れ新たな一歩を踏み出そうとする手助けになったのは、ジョージの持つ能力と言えると思うのですが、ジョージの優しさこそが最後の一押しになったような気がします。

ラブシーンは少し唐突だったようにも思えたのですが、人との出会いにはこんな不思議な運命もあるのかもしれません。

死を通じて生きることを描いていたのではないでしょうか。
登場人物たちが前進しようとする姿勢が窺える、希望の持てるラストで良かった。
流れる音楽もイーストウッドらしい、素朴だけど優しい音色でした。

HEREAFTER  (2010)
 監督 クリント・イーストウッド
 マット・デイモン セシル・ドゥ・フランス フランキー・マクラレン ジョージ・マクラレン
 ジェイ・モーア ブライス・ダラス・ハワード マルト・ケナー ティエリー・ヌーヴィック
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 14

nice!の受付は締め切りました

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
てくてく

takemoviesさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

おぉ!次郎さん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

xml_xslさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-02-22 22:15) 

coco030705

こんばんは。
イーストウッド監督の映画は、人生の理不尽さを描いていることが
多いと思うんですが、どの作品も最後に救いを残しているところが
好きです。音楽もよかったですね。
by coco030705 (2011-02-22 23:53) 

Labyrinth

(^_^)ノ こんばんは。
確かにマーカスは表情が乏しかったですけど(笑)
喪失感は伝わってきたので、たいしたもんですね。(^_^;
流石イーストウッド翁の采配!
翁なんて言うと怒られるかな (^m^;
TBも宜しくお願い致しま~す。
by Labyrinth (2011-02-23 00:26) 

macaron

おはようございます♪

予告を観たときは霊とかあの世のお話かと思ったんですけど
現実的で登場人物たちに感情移入しやすいストーリーに
なっていて惹かれました。
どんな題材もイーストウッドの手に掛かれば素晴らしい
作品になりますね~(^^)
by macaron (2011-02-23 07:09) 

てくてく

さもさん。
はじめまして、こんばんは^^
nice!をありがとうございます。

ココさん。
こんばんは^^
監督の作品はどちらかと言うと暗いですものね。
悲劇も多いですが
観終わった後の感動も大きいです。
nice!&コメント、ありがとうございます。

Labyrinthさん。
こんばんは^^
双子の少年は映画初出演らしいですね。
主役クラスは別として
いつも脇役とかあまり知らない人でかためているように思います。
そんな所も物語に移入しやすいのかな^^
nice!&コメント、ありがとうございます。

macaronさん。
こんばんは^^
私ももっと霊的なストーリーかと思ってましたが
やはりイーストウッド監督らしい映画でした^^
次はどんな作品なのか、今から楽しみですね!
nice!&コメント、ありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-02-23 22:00) 

てくてく

ともちんさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

青山実花さん。
はじめまして、こんばんは^^
nice!をありがとうございます。

hashさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-02-26 22:17) 

non_0101

こんばんは。
イーストウッド監督らしさの感じられる作品でしたね~
出だしの津波の映像にやられた~という感じでした。
その後の哀しい体験も観ていて辛かったのですけど、
段々と救いのある展開に、見終わった時は優しい気持ちになれる作品でした☆
by non_0101 (2011-02-27 22:40) 

てくてく

nonさん。
こんばんは^^
津波の映像はホントに怖かったです。
イーストウッド監督は初CG、との事でしたが
力が入っていましたね。
ゆっくりと語り紡いでいくところは監督らしい。
必要以上に煽るでもなく、泣かせようとしないのも好きな所です。
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2011-03-01 01:19) 

きさ

悪い映画ではないとは思いました。
マット・デイモンはなかなかいいし、「シスタースマイル ドミニクの歌」のセシル・ドゥ・フランスが美しく魅力的です。
それにさすがはイーストウッド監督なので見せますが、ちょっとお話に乗れなかったです。
良くも悪くもキリスト教的な死生観という感じで違和感があります。
まあ、イーストウッドも歳なので死というテーマが気になるのかもしれません
が、内容的にイーストウッドが撮らなくてもと思ってしまいました。
割とスピルバーグ色が強かったかな。

by きさ (2011-03-05 09:50) 

てくてく

怪しい探麺隊さん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

きささん。
こんばんは^^
この前、「許されざる者」が放送されていて観ましたが、
やはり面白かったです。
以前に観たときは西部劇に馴染めない所がありましたが^^;
ロケーションも素晴しかったです。
「ミリオンダラー・ベイビー」と共にBDにダビングし保存版にしました。
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2011-03-13 19:12) 

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。