So-net無料ブログ作成

英国王のスピーチ [映画 *あ]


英国王のスピーチ (コリン・ファース 主演) [DVD]
「英国王のスピーチ」、観ました。

吃音に悩む英国王ジョージ6世が、自身の努力と周囲の助けを駆りながら吃音症を克服していく姿を描いた実話を元にしたドラマ。

おめでとうございます!
本日行われたアカデミー賞で、見事「作品賞」、「監督賞」、「主演男優賞」、「脚本賞」の4部門を受賞しました。
26日の土曜日から公開され、私は昨日の日曜日に観に行ってきたのですが、やっぱりお客さんは沢山でした。
事実上、作品賞は本作と「ソーシャル・ネットワーク」との一騎打ちのように言われていましたが、蓋を開けてみると、こういう結果になりましたね。
今だからそう思うのかもしれませんが、何となく納得の結果だった気がします^^
結果を知って一番に思ったのが、「やっぱりそうなったか~」でしたから。
(でもやっぱり、個人的に好きなのは「インセプション」なんだけど^^)

現エリザベス女王の父親であるジョージ6世が、王位を継承する以前のヨーク公だった時に出会ったのが、言語聴覚士ライオネル・ローグ。
王族である事から人前でスピーチする機会の多いヨーク公は、吃音で悩み何人もの医師にかかったが症状は良くなる兆しをみせなかった。
そんな時、妻であるエリザベス妃が見つけたのが言語聴覚士ライオネル。
相手が王族であろうと対等な立場で接するライオネルの矯正法は、今までのそれとは全く違った風変わりなものに見えました。
初めは警戒していたヨーク公でしたが、あれほど治らなかった彼の吃音が快方の兆しを見せ始めるにつれ、ライオネルへの信頼が深まっていくのだった。

思慮深く控えめな雰囲気のジョージ6世が、実は短気なかんしゃく持ちだったり、粋なジョークが好きだったりと、とても人間的で好感が持てました。
立場上、抑制しなければならない事も多く、その気苦労は私たちが想像できる範囲を超えているのではないか、と思います。
そんな抑圧された心を解き放つように、ライオネルはヨーク公の口から様々の言葉を引き出そうとします。
“思いっきり言ってしまえ~”と背中を押されて卑猥な言葉を連発するヨーク公には、思わず噴出してしまいました^^

ライオネルはヨーク公の吃音の原因を探ろうと、彼の過去に遡る事を試みます。
そこで明らかになるのは幼少の頃から、様々な抑圧を受けて育ってきた事実でした。
過去のトラウマが及ぼす力の大きさ、幼いヨーク公の心は周りの人たちに傷付けられてしまっていたのです。
ライオネルは真摯に向かい合う事で、ヨーク公との間に信頼関係を築いていきます。
人から受けた心の傷を、人との信頼で癒していく、とでも言うかのように・・・。

主演男優賞を受賞したコリン・ファースの演技もさることながら、ライオネルを演じたジェフリー・ラッシュも素晴しかった。
彼の助演があってこそ、という部分も大きいような気がします。
ヨーク公がやがて英国国王を継承し、ジョージ6世となってからもライオネルは王を支え続けたそうです。
そしてもう一人、忘れてならないのがヘレナ・ボナム=カーターが演じたエリザベス妃。
王族としての品位を保ちながら、精一杯の友情を表す姿が素敵でした。
夫を愛する妻の顔も可愛かったです^^

ともあれ、おめでとうございます。
これから公開されるその他受賞作も、楽しみです~。

THE KING’S SPEECH  (2010)
 監督 トム・フーパー
 コリン・ファレル ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター
 ガイ・ピアース ティモシー・スポール デレク・ジャコビ マイケル・ガンボン
nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 9

nice!の受付は締め切りました

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
macaron

評判通りの良い作品でしたね(^^)
コリン・ファースとジェフリー・ラッシュの演技に圧倒されました。
コリンの主演男優賞も納得です!
作品賞はソーシャルネットワークを応援してたんで
ちょっと残念な気持ちだったんですけど(^^;
でも英国王のスピーチは観た翌日だんだん感動が増してきました。
DVD出たらまた観たいです♪
by macaron (2011-03-01 07:29) 

てくてく

xml_xslさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

macaronさん。
こんばんは^^
良質な映画でしたね~。
ベテラン陣の演技も流石、と言う感じでした。
賞を獲った作品も、それ以外の作品も、
これから公開されるものが多いですよね^^
それらを観ていろいろ考えるのも
これからの楽しみです^^
「ブラックスワン」が早く観たいな~。
nice!&コメント、ありがとうございます。
by てくてく (2011-03-03 22:15) 

あきら

私も個人的にはインセプションは大好きなのですが、アカデミー賞がまだ決まっていないときに英国王のスピーチを見て、今年はこれしかないなとおもいましが。本当に3人の演技はすばらしかったですね~。
上質な映画に久々にあった感じでした。
見終わった後、紅茶が飲みたくなりました(笑)。
by あきら (2011-03-06 20:47) 

okayu

お久しぶりです。
私はあまり映画に詳しくないので、アカデミー賞をとったことでこの作品を知り、あらすじを読んで、観てみたくなりました。
そして、てくてくさんの記事を読み、ますます観たくなりました☆
by okayu (2011-03-07 19:12) 

てくてく

ファンページMAXさん。
はじめまして、こんばんは^^
nice!をありがとうございます。

てぷこだんさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

怪しい探麺隊さん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

SORIさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。

あきらさん。
こんばんは^^
確かに、紅茶が飲みたくなったかも。
作品賞候補を全部観ていた訳ではありませんが、
「英国王のスピーチ」には獲りそうな何かがありましたね。
納得の結果だったと思います。
nice!&コメント、ありがとうございます。

okayuさん。
こんばんは^^
お久し振りです。
アカデミー賞は話題になりますから
これを機会にご覧になって観られるといいかも。
見応えのある良い作品でした。
nice!&コメント、ありがとうございます。

ムネタロウさん。
こんばんは^^
いつもnice!をありがとうございます。
by てくてく (2011-03-13 19:03) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。