So-net無料ブログ作成

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [映画 *か]


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、観ました。

パイロット、医師、弁護士になりすまして小切手詐欺を繰り返した少年。
60年代のアメリカで実際に起こった事件が元ネタ。
スティーヴン・スピルバーグ監督作品。

高校生のフランクは両親の離婚という現実を目の当たりにして、それに耐え切れずに家を飛び出す。
所持金もそう持っていないであろう高校生は、すぐに金策に頭を痛めることに。
見るからに子供のフランクを相手にしてくれる大人がいるはずもなく、銀行、ホテルのフロントとことごとくにべもない扱いを受ける。
そんな時、フランクの眼前に颯爽と現われたパイロット。
パイロットを見つめる人々の羨望の眼差し、またパイロットが持つ絶大なる信頼に気付いたフランクは、その力にあやかり自らの窮地を脱する方法を見出すのだった。

16歳で小切手詐欺に手を染め、その後の5年間に渡り身分を偽りながら不渡り小切手を発行し、現金を騙しとった実在の詐欺師を元にした作品。
スピルバーグがメガホンを執り、主人公の天才詐欺師をレオナルド・ディカプリオが、彼を追うFBI捜査官・ハンラティをトム・ハンクスが演じています。
2002年の作品で、ディカプリオは当時で28歳くらいだった訳ですが、16歳の高校生をまったくの違和感もなく演じていて(童顔であるにしても)感心しました。
実は前にも観たことがあって、その時はまぁ普通の映画かな、くらいの感想しか持たなかったと思うのですが、今回はなかなか楽しめて、あれ、この映画好きかも^^と作品の印象がちょっと変わったという所が自分でも面白かったです^^

フランクは元々は裕福な家庭の1人息子で、会社経営者である勇ましい父親と、父親が戦時中に駐屯したフランスの田舎町で射止めた美しい娘だった母親との不自由のない暮らしを送っていました。
それが躓き出したのは父親の脱税容疑、そして経営難・・・夫婦の間にも亀裂が生じ、フランクの大好きだった家族がバラバラになろうとしている・・・耐え切れなくなった彼は家を飛び出してしまう。
それからの彼は身分を偽り生きていくのですが、実はその下地とも言える考え方は父親から得た教訓なのかな、と思いました。
パイロットの制服から得られるステイタス、つまり一目置かれる人間になるコツをかつて父親もフランクの目の前で実践した経験があるのです。
初めはお金を得るために始めた詐欺行為ですが、フランクには父親に褒めて貰いたい、という思いも抱いていたのでしょう。
尊敬し崇拝する父親に自分の手で掴んだ地位を認めて欲しい。
そして父親の方も悪いことと知りながらも、息子の才能に顔を綻ばす。
この奇妙な親子関係が効いていました、父親役のクリストファー・ウォーケンがまたイイ!

そして忘れてならないのが、フランクを追うFBIのハンラティ。
偽造小切手専門の捜査官なのですが、なんせフランクにはてこずりっ放し。
とにかく頭の回転の速いフランクに、追いついては取り逃がし、追いついてはかわされる。
この辺の捕り物のテンポも良くて、窮地のフランクがどうやってピンチを凌ぐのか、その点でも楽しめました。
そうやって何年も追いつ追われつしているうちに、この2人にも絆が生まれてくるんです。
クリスマスのエピソードも良いんです~。
ただの捕り物で終わらずに、その先の2人の関係もジンと来ました~。
ハンラティは実在の人物ではなくて創作の登場人物ということですが、モデルになった数人の方達がいるそうです。

映画のラストで、フランクのその後が紹介されますが、納得というか妙に感心させられました^^
まさに事実は小説より奇なり。
映画向きの題材を、スピルバーグが粋に料理してました。
忠実に再現された60年代の空気も見どころ。

CATCH ME IF YOU CAN  (2002)
 監督 スティーヴン・スピルバーグ
 レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス クリストファー・ウォーケン
 マーティン・シーン ナタリー・バイ ジェニファー・ガーナー
 エイミー・アダムス フランク・ジョン・ヒューズ ブライアン・ホウ
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アーマード 武装地帯 [映画 *あ]


アーマード 武装地帯 コレクターズ・エディション [DVD]
「アーマード 武装地帯」、観ました。

装甲現金輸送車の警備員達が、輸送金である4200万ドルを狂言強盗により強奪しようと目論む犯罪アクション。

警備員のタイは普段から世話になっている先輩のマイクに、とある計画に誘われる。
それは彼らが輸送を任された4200万ドルの現金を、強盗に襲われたという嘘をでっち上げて奪うというもの。
メンバーは警備員仲間の6人で、強奪した金は6人で山分け。
一切の犠牲者も出さない、完璧な計画だと話すマイクの言葉を信じて仲間に加わったタイだったが、ことが上手く運ぶはずは無く・・・。

はっきり言って、“計画、甘あまなんちゃうん~^^;”とツッコミ入れまくりです。
ひとつ予想外の出来事が起こってしまうと、パニくってしまって次々にヘマをやらかしてしまう犯人グループ。
完璧な計画どころか、穴だらけ。
しかし最初の計算違いで引き返すことが出来ず、目の前の大金に狂ったように執着する彼ら。

そんな時、仲間の中から行動を異にするものが出てくる。
それがタイ。
タイは当初の計画から大きく道を外す仲間に耐え切れず、狂言強盗の計画から下りようとする。
まだ現金が詰まれたままの輸送車に立てこもり、仲間の追跡を振りほどこうとするのだったが・・・。

上にも書いたようにツッコミどころ満載のアクション、って感じでしたが実は面白かったです。
出だしの所でタイとマイクの関係とか、タイが抱えている家庭の事情なんかをチョコっと描いているんですが、そこなんかも中々渋くていい感じなんですね。
事件が起こってからはテンポもいいし、けっこうハラハラとさせられましたし。
ツッコミというのも決して批判的なものじゃなくて、愛すべきツッコミなんですよね^^
小粒な尺なもんで、休みの朝からゴソゴソと観始めて、終わってもまだ10時来てなかったです、観易いっ!イイネ!

出演者も結構、豪華ですよ。
タイ役の役者さんはあんまり知らない人でしたが、妙に応援したくなってしまうような愛嬌のある顔した黒人さん。
あと、マイク役はマット・ディロン。
残りの4人の犯人もジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーン、「プリズンブレイク」のスクレに、あともう1人は残念ながら知らない人でしたが、いい顔ぶれですよね。
ローレンス・フィッシュバーンは「プレデターズ」に続いてアブないキレキャラで、どうもこれがお家芸になりそうな気配を感じました(笑)

記事を書くときに調べたら、「モーテル」や「プレデターズ」と同じ監督さんだったんですね。
どれも世間的評価はあまり高くないみたいだけど。
わたし的には、何気にどれも楽しめたりしたのですが~^^

ARMORED  (2009)
 監督 ニムロッド・アーントル
 マット・ディロン コロンバス・ショート ジャン・レノ
 ローレンス・フィッシュバーン アマウリー・ノラスコ
 スキート・ウールリッチ マイロ・ヴァンティミリア フレッド・ウォード
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

きな子~見習い警察犬の物語~ [映画 *か]


きな子 ~見習い警察犬の物語~ [DVD]
「きな子~見習い警察犬の物語~」、観ました。

警察犬訓練士を目指す杏子と、ラブラドール・レトリバーのきな子の奮闘を描いた感動作。

夏帆ちゃん演じる杏子(通称あんこ)は父親が訓練士だったことから影響を受け、自分も小さい頃から父親と同じ道を歩くことを心に決めていた18歳の女の子。
念願の訓練所に住み込みで入所したあんこは、そこで病弱なラブラドールの赤ちゃんに出会う。
毛並みが黄な粉色だからきな子と名づけ、きな子を警察犬にすると宣言する。
厳しい訓練所長・番場のしごきに耐えながら、あんこときな子のペアの毎日が過ぎていくのだった・・・。

挫折を乗り越えて、夢に向かって進んでいくあんこの成長物語でした。
彼女のパートナーのきな子も、決して優等生ではありません。
警察犬試験で大失敗を披露したきな子は“ズッコケ見習い警察犬”として注目されたくらいなのですから。
それでも懸命に努力する姿と、このペアの間に生まれた絆に、観ているこちらも癒されました。

ストーリーははっきり言って王道です。
次はこうなるだろうというお約束をキッチリ踏まえて進んでいきます。
普段なら“ベタやな~“と少々悪口も出て来そうな展開ですが、この映画に限ってはとても素直な気持ちで向き合うことが出来ました。
何でなんだろうな~、やっぱり真面目さが伝わってくるし、嫌味の無さが良かったのかな^^

夢にひたむきに取り組むあんこの真っ直ぐさと演じた夏帆ちゃんが融合。
きな子の愛くるしい姿、飼い主に似るが如くだんだん夏帆ちゃんと似ているように思えて来たし^^
それからちょっと熱過ぎるくらいの演技でしたが、それも良いスパイスだった寺脇さん演じる番場所長。
あんこを厳しく見守る番場ファミリーの子供達も良かった。
特に番場の娘・ニイナの存在感は抜群、この子には笑わされました。

あんこときな子の奮闘に笑って泣いて、劇場出たら化粧が落ちまくり^^;

きな子~見習い警察犬の物語~  (2010)
 監督 小林義則
 夏帆 寺脇康文 戸田菜穂 山本裕典 広田亮平 大野百花
 遠藤憲一 浅田美代子 平田満 原史奈 宮武祭
nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

月に囚われた男 [映画 *た]


月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]
「月に囚われた男」、観ました。

契約期間:3年
赴任地:月
労働人数:1人

近未来、地球上のエネルギー源は枯渇。
ところが月の裏側に豊富な資源があることが発見される。
この資源を採掘し、地球に輸送する任務にたった一人で従事する男を描いたSF。

孤独な任務を日々こなし、あと2週間で任期の3年を迎えるサム。
地球との通信は衛星の故障により不可能となって久しい。
妻との会話を録画したテープが唯一の拠り所。
月でのパートナーは、ロボットのガーティただ1人(?)。
1日に1本、エネルギーをポットに詰め地球に向けて発射すればあとは自由な時間だけが残される。
地球への帰還が近づくに連れ、心が落ち着かなくなって来たサムはある日、不可解な現象に見舞われる。

ビデオレターに出てくる妻や、資源発掘会社の社員など、少々の出番の出演者を除けば、サム役のサム・ロックウェルの1人芝居と言っても差し支えないでしょう。
彼の演技力が、この不可思議な物語を支えていました。
私は観ているうちに、すごく惹きこまれて行くのが自分でも分かった。
意外と淡々とした雰囲気も受けるのですが、ちゃんと緊張感も伝わって来るんです。
この次にどういう展開が待ち受けているのか、固唾を呑んで見守っていました。

SFで描かれる未来は、科学技術の発達によって、人類が長年抱いてきた夢を叶えた姿を垣間見せてくれる。
タイムマシンもその一つ、宇宙旅行もその一つ、月面に立つのもその一つ。
そして同時に、環境問題や異種族の共存・・・等の大切なメッセージを含ませていると思う。
この物語も月を舞台にして、人間の尊厳という事を考えさせられる内容になっていました。
サムの人生を思うと、その理不尽さに震えと切なさが込み上げた。

白を貴重にした月のステーション内部は「2001年宇宙の旅」を彷彿。
モノクロームの世界が広がる月面や、そこを走る作業車の画もどこかほのぼのとした懐かしさがあった。
低予算で作られた、ってのはちょっと納得^^
サム・ロックウェルの演じ分けも良いし、話自体も好きな雰囲気でした。
小品ながら奥深く、味わいのある佳作。

人工知能のガーティの声は、エンドクレジットで知りましたがケヴィン・スペイシーだそう。

MOON  (2009)
 監督 ダンカン・ジョーンズ
 サム・ロックウェル ケヴィン・スペイシー ドミニク・マケリゴッド
 カヤ・スコデラーリオ ベネディクト・ウォン マット・ベリー
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハートブルー [映画 *は]


ハートブルー [DVD]
「ハートブルー」、観ました。

銀行強盗グループを逮捕するため、ビーチのサーファーに紛れ込み潜入捜査する新人FBI捜査官の活躍を描いたアクション。

「ハート・ロッカー」でアカデミー賞に輝いたキャスリン・ビグロー監督の1991年の作品。
FBI新人捜査官をキアヌ・リーヴスが、宿敵である犯人グループのボスを昨年すい臓がんの為に他界されたパトリック・スウェイジが演じています。

この作品は1991年の映画でもう、20年近くも前の映画になるんですね~。
その昔、レンタルビデオで鑑賞したことあります。
サーフィンとかスカイダイビングとか、格好良いスポーツを上手くアクションとして盛り込んでいて、とても楽しめた記憶が自分の中で残っていました。
今年、「ハート・ロッカー」でその名を賑せたビグロー監督が「ハートブルー」の監督さんだったことを知って、機会があれば再見したいな~、と思っていたのです。
この度レンタル店でパッと目に入ったので、そうだそうだ、これ借りないと・・・ってすかさず手に取った^^
いま観ても十分イケてるアクションだと感心しました。
ひとつ残念だったのは借りたDVD自体がかなり古かった、と言うことでもう少し新しく出た物だったら、もっと画質とか綺麗なのかな~、とそこがちょっと・・・ではありましたが^^

カリフォルニアで頻発する銀行強盗の担当になったのは新人のジョニー(キアヌ)。
コンビを組む先輩刑事は強盗発生時期に独特の周期があることから、犯人グループは波を追って移動しながら強盗で生計を立てているサーファー達ではないか、という斬新な推理を持っていた。
この推理に共感したジョニーはサーファーに成りすましビーチに潜入、それらしき犯人達を捜し始める。
そこでジョニーはボーディと呼ばれる熟練サーファーに出会うのだが・・・。

この暑さですから、巨大な波をくぐる様にボードを操るサーファーの涼しげな映像がイイ~^^
ちょっとしたリゾート気分も味わえたりして、この前の「パーフェクト・ゲッタウェイ」の絶景といい、夏が苦手な私でもやっぱこれだよ~、夏はいいね~なんてワクワクしてしまいました。
ジョニーはサーフィン初心者で最初はビーチでも笑われたりするようなダサい感じなんですが、段々とその魅力に引き込まれていってしまうのですね。
ビーチで知り合った女性にサーフィンを教えてもらったり、ボーディたちの自由な生き方に触れたりするうちに、自然を相手に挑むサーフィンとサーファー達に連帯感を持つようになる。
ところが・・・と言う話なんです。

キャスリン・ビグロー監督はホントにワイルドで骨太な映画を作る人だと思いました。
もちろんその昔に鑑賞した時はあんまり映画に関する知識など持ち合わせてない頃で、監督さんが女性とか全然知らなかった訳です。
だから今回観る時には果たして女性監督らしさが感じられるかと、ちょっと気にしながら観ていたのですが、男らしさを感じるアクションにはホレボレするばかりで、言われなければあまり女性っぽさは感じないかも、でした。

すごく面長な印象のキアヌですが、この頃はまだポチャポチャっとしてて初々しさのある可愛さ。
パトリック・スウェイジはカリスマ的なサーファー役で魅力を発揮していました。
この2人は、お互いの境遇が違っていたならばとても素晴しい師弟関係、というか友情を育むことが出来たのではないか?と思えるんですね。
それが追う立場、追われる立場になることで親しみと憎しみという相反する感情に揺さぶられるようになる。
面白かったですね~。
最後なんか、ホントに男のロマンを感じました。
実際の刑事さんだったら絶対しちゃいけないことだろうけど、あのラストはこう、ロマンがあったね~。
やっぱビグロー監督、カッコよすぎです^^

POINT BREAK  (1991)
 監督 キャスリン・ビグロー
 キアヌ・リーヴス パトリック・スウェイジ ロリ・ぺティ ゲイリー・ビューシィ
 ジョン・C・マッギンレー ジェームズ・レグロス ジョン・フィルビン トム・サイズモア
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パーフェクト・ゲッタウェイ [映画 *は]


パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]
「パーフェクト・ゲッタウェイ」、観ました。

ハワイの美しい自然の中で繰り広げられる死闘を描いたサスペンス・アクション。

ハネムーンでハワイを訪れた新婚カップルのシドニーとクリフ。
彼らは楽園のようなビーチを目指してトレッキングコースを辿ることに。
その途中でヒッチハイクをする男女、アウトドアに長けた男女、という2組のカップルと顔見知りになる。
折りしも“ハワイでカップルの惨殺死体が発見され、犯人もカップルらしい”とのニュースが流れる。
もしかしたらこの中に犯人がいるのでは?
疑心暗鬼に駆られながら、歩を進めるシドニーたちだったが・・・。

事前情報なしで観るのが、楽しめる秘訣だと思います。
感想が書き難い作品、ってことですね~。
だから映画の本筋から離れた感想になるのですが、とんでもない位自然が美しいです!
これぞ絶景!
雄大で神々しさを感じる景観を見ていると、この世の楽園とはこういう所かと思っちゃいますね^^
ハワイってホントにいい所ですね、私はまだ一度も行った事が無いので、こんな楽園みたいなとこでのんびりと過ごしてみたいものだと、またしても行きたい場所リストに書き込みしてしまった。
(映画を観てるとそういう場所が増えるけど、いつまで経っても“行きたい止まり”なんですが^^;)

この美しい大自然の懐でとんでもなく残忍な事件が起こります。
それで、もしかしたら側にいる人間が犯人かもしれない、という緊張感。
南の島のジャングルのような場所だし、携帯の電波も繋がる所もあれば圏外の所もある、全く人が居ない訳でもないけど直ぐに警察が駆けつけられる場所でもない。
シチュエーションとしてはドキドキハラハラ感を煽るのにも、絶好の環境に思えました。

97分のコンパクトサイズということもあって、イッキに鑑賞してしまった。
やっぱこれくらいの尺が一番観やすい。
後半はアクションも畳み掛けだったし。

・・・でも、後々じっくり思い返してみると、釈然としない気もする。
何か強引な手法で、観客を騙してたコジツケ感を感じなくも無い^^;
まぁ、観てる間は十分、引き込まれてた事は間違いないんですけどね。

A PERFECT GETAWEY  (2009)
 監督 デヴィッド・トゥーヒー
 ミラ・ジョヴォヴィッチ ティモシー・オリファント キエレ・サンチェス
 スティーヴ・ザーン マーリー・シェルトン クリス・ヘムズワース
nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

パピヨン [映画 *は]


パピヨン [DVD]
「パピヨン」、観ました。

無実の罪で投獄された男が、苦境を乗り越えながら脱獄を繰り返す姿を描く。
スティーヴ・マックィーン主演、1973年の作品。

「パピヨン」っていう映画が脱獄モノだと言う事は、何となく知っていたのですが詳しい内容までは把握していませんでした。
刑務所からの脱走っていうから、勝手に娯楽色が強めのエンタメ作品かと思っていました。
ところが、劣悪な環境の下で人間性を破壊するような恐ろしい牢獄に入れられながらも強い精神力で生き抜き、尚且つ、必ずここから抜け出して自由を得るという信念を貫いた一人の男の生き様をじっくりと描いた作品でした。
最後まで観て、これが実話を元にした映画だと分かりちょっと納得(描き方の面で)。
もちろん、こんな人生を生きた人が実際にいるんだ、と思うと驚かされたのは言うまでもありません。

胸に蝶の刺青があることから“パピヨン”と呼ばれる男は、無実の罪で投獄されることに。
フランスを追放され、仏領である南米ギニアの刑務所へと向かう船に乗せられるパピヨン。
船には多数の囚人が乗せられていて、彼らを待つのはギニアでの強制労働。
生きて祖国に帰ることは出来ないであろう事は誰もが知っていた。
パピヨンは脱獄を決意しており、仲間を探しているうちにドガという男と出会う。

スティーヴ・マックィーンがタフで見どころのあるパピヨンという男を魅力的に演じていました。
脱獄が見つかると恐ろしい懲罰房が待っています。
そこに入れられた囚人は、二度と逃げ出す事など考えられないような状態にさせられるのですが、パピヨンは不屈でした。
自由を得るために、とことんやり抜きます。
脱獄もそうですし、友人を裏切ったりしない所も状況が状況だけに見上げた根性の持ち主。
誰も彼もが出来る技ではない筈。

ダスティン・ホフマン演じるドガとの友情も描かれていました。
常にパピヨンと行動してきたドガでしたが、最後の最後は見送る立場に。
普通はやっぱりドガと同じような選択をするかな、と思う。
あの最後の島は“住めば都”じゃないけど、そこそこ暮らしていける所のように見えたし、諦めもあると思うし。
それでも、そこに甘んじずに更に脱獄に挑む所がパピヨンであって、非凡な人って事なんでしょうね。

PAPILLON  (1973)
 監督 フランクリン・J・シャフナー
 スティーブ・マックィーン ダスティン・ホフマン ヴィクター・ジョリー
 ドン・ゴードン アンソニー・サーブ ロバート・デマン
 ウッドロー・パーフリー ビル・マミー ジョージ・クールリス
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インソムニア [映画 *あ]


インソムニア [DVD]
「インソムニア」、観ました。

白夜のアラスカで17歳の少女の変死体が発見される。
ロス市警から派遣されたドーマーと相棒のハップは地元警察と共に捜査に当たる。
そんな中、ドーマーの仕掛けた罠に犯人がおびき出されるのだが・・・。
「インセプション」「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が1997年制作のノルウェー版をリメイクした作品。

アラスカの大自然に囲まれた田舎町、というと思い出すのが「あなたは私の婿になる」
サンドラ・ブロック主演のラブコメで、ライアン・レイノルズ演じる相手役の実家があるアラスカで繰り広げられるあれこれを面白可笑しく描いた映画でした。
その時、空気がおいしそうで自然の溢れるアラスカがとっても素敵に見えたものです。
ところが本作で登場するアラスカは、自然の美しさこそ変わらないものの、映画全編を包む重苦しい空気のせいで、全然違う雰囲気に感じられました。

アル・パチーノ演じるドーマー刑事はベテラン中のベテランで、今まで数々の事件を解決してきた叩き上げのデカ。
正義を貫くためには、多少強引なやり方であったとしてもやむを得ず、と言うのが彼の方針。
そのため捜査方法も危ない橋を渡ることが多く、ロスでは内務監察部に目を付けられ調査を受けている立場だった。
派遣先のアラスカでも、手がかりの掴めない犯人をおびき出すために罠を仕掛けたドーマー。
まんまと作戦に嵌った犯人を追跡する中で、ドーマーは誤って相棒のハップを射殺してしまうのです。
深い霧に覆われた現場に目撃者はおらず、とっさにドーマーはハップを撃ったのは犯人だと証言してしまう。
ところが数日後、ドーマーの元に“すべてを見ていた”と言う犯人からの電話が入る。

罪の意識に苛まれながら、徐々に自分を見失っていく男。
白夜はそんな男を許すものかと言わんばかりに、彼から睡眠を奪っていく。
不眠症で朦朧とする中、今度は犯人が彼に接触してくる。
道を外れていくドーマーは果たして自分の罪にどう決着をつけるのか。

クリストファー・ノーラン監督だから、と多大な期待を寄せると肩透かしをくらいそうな気もしなくも無い。
全体的に淡々としている印象も受ける。
でも作品を包む閉塞感がじっとり~と纏わり付いて来ます。
ドーマーが霧の中で犯人を追うシーンなんて、息が詰まりそうだった。
暗闇が人を狂わす・・・って今までもあったと思うけど、日の光が人をおかしくさせて行く・・・てところが効いていた。
白日の下で心落ち着かず、夜に紛れて深く眠りにつく事も許されぬドーマーの罪悪感は募る一方だったはず。
アル・パチーノが徐々に壊れていく男を、対してロビン・ウィリアムズが一見普通だけどどこか壊れている男を熱演していました。

INSOMNIA  (2002)
 監督 クリストファー・ノーラン
 アル・パチーノ ロビン・ウィリアムズ ヒラリー・スワンク
 モーラ・ティアニー マーティン・ドノヴァン
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。