So-net無料ブログ作成

ソーシャル・ネットワーク [映画 *さ]


ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]
「ソーシャル・ネットワーク」、観ました。

世界最大の会員数を持つSNSサイト「Facebook」。
創設者であるマーク・ザッカーバーグがいかにしてこのサイトを立ち上げ、ネットワークを広げて行ったのかを描いたドラマ。

先に行われたゴールデン・グローブ賞で作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4冠に輝き話題となっていたのも記憶に新しいところ。
ゴールデン・グローブ賞は、その後に行われるアカデミー賞の行方を占う意味でも例年注目を集めています。
本作は今年の賞獲りの大本命と鳴り物入りだったので、面目躍如たる結果と言えるでしょう。
気になるアカデミー賞のノミネーション発表は25日、授賞式は2月27日(どちらも現地時間)と言うことですので、映画ファンにとっては楽しい季節がいよいよ到来、ってところです^^

さて映画のほうですが、2時間という時間を感じさせない構成になっていて、「Facebook」とマーク・ザッカーバーグという青年に対する興味を削がれる事無くあっと言う間に最後まで観てしまった・・・という感想。
私自身はネットに関してはずい分と疎いほうだと思うので、話について行けるのか正直心配な面もあったのですが^^;、その点ではひとまず安心。
ネット上のコミュニティサイト・・・最初はマークが通うハーバード大の学生間のコミュニケーションの為に作られた「Facebook」が、次々と周りの大学をも巻き込んで会員数を増やし、やがてはネットワークを全世界にまで広げていく様は破竹の勢い。
そしてそれに合わせるかのように、映画の語り口にもスピード感がありました。

そもそもの切欠は、彼女に振られた腹いせにマークが女子学生の証明写真をウェブ上に公開しゲームを始めた事(これが「Facebook」の名前の由来ともなった)。
ゲームは瞬く間に学生の間に広まり、マークは大学内で一躍時の人になる一方女子学生からは大ひんしゅく。
そんなマークの頭脳に一目置いた学生仲間からネットワーク立ち上げを誘われるもそれを反故にし、一方で自分は親友と共に同じような趣旨のサイトを作ってしまう。
何とも自己中心的で周りが見えない主人公、自分の欲求を抑えることなく突っ走る。
しかしマークにしてみれば拠り良いシステムを構築しただけ、他の誰よりも先を行くものを追求しているだけ。
それを可能にする才能を持つ者が腕を揮っているだけだよ、といった風情で悪気は感じていないようでした。

ネットのコミュニティ構築で寵児と持てはやされても、実社会では他人との会話も上手くかみ合わない事が多いマーク。
この世代を見る自分はもう、親目線でしか見られなくなってきています。
彼を見ていると“それは違うだろ”と腹が立つと同時に、“(頭は良くても)なんと不器用なんだ”と胸が痛みました。

やがてマークは「Facebook」を世界最大のSNSサイトへと導いていきます。
しかしその過程で共同経営者である親友、またハーバードの学生たちから訴訟を起こされてしまう。
世界最年少の億万長者という成功の影で、無くしたものの大きさは如何ばかりか。

矢継ぎ早に繰り出される台詞の応酬、スリリングな展開に目が離せません。
面白かったです。

THE SOCIAL NETWORK  (2010)
 監督 デヴィッド・フィンチャー
 ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク
 アーミー・ハマー マックス・ミンゲラ ブレンダ・ソング ルーニー・マーラ
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。