So-net無料ブログ作成
映画ばなし* ブログトップ

2010年のまとめ [映画ばなし*]

新年、明けましておめでとうございます。
昨年中はブログを通じてお世話になり、ありがとうございました。
大好きな映画を観て、その感想を自分なりに感じたように書きためて来たこのブログも昨年11月で丸3年を迎え、いつの間にか4年目に突入していました。
ブログを始めた当初はいつまで続けられるか思いも及びませんでしたが、こうして4年目を走り出すことが出来たのも、当ブログに足を運んで下さっている皆様のお陰だと思います。
読んでくれている誰かが居てくれる・・・それが継続の大きな力となっています。
2011年も私なりのペースで続けていけたらいいな、と思っていますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします^^

さて、遅ればせながら「2010年のまとめ」の記事を書こうと思います。
2010年、劇場鑑賞できた映画は33本。
年々少なくなって来ているこの現状。
去年は個人的に身体の方も“キツイな・・・”と感じることが多く、“歳だから”が口癖になりつつありました。
不思議なもので口に出すと気持ちまでその方向に向いてしまう、自己暗示にかかるって事が良く分かりました^^;
今年は歳の事は口にチャックして、気持ちだけでも若々しく頑張っていこうと思ってます^^

それでは、2010年ベスト。
劇場鑑賞したものから、特に順位は定めていません、鑑賞順です。


インビクタス / 負けざる者たち [DVD]
インビクタス/負けざる者たち  感想はこちら

ラグビー・ワールドカップを契機に分裂した国内の統一を目指した、ネルソン・マンデラ大統領の実話に基づく物語。
クリント・イーストウッド監督の老練な手腕が冴える。
サッカー・ワールドカップでも注目を浴びた南アフリカ共和国が舞台。


第9地区 [DVD]
第9地区  感想はこちら

エイリアンが難民となり人類と共存。
斬新な物語と映像で、観る者の価値観を良い意味で裏切った。
映画にはまだまだ驚きがある、と思えた嬉しい作品。
本作も南アフリカ共和国が舞台である。


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
告白  感想はこちら 

決して“好きな作品”では無いけれど、観た後ボーゼンとなってしまったインパクト大の作品。
畳み掛けるようなストーリー運びで時間を感じさせなかった。
今にして思えば、メッセージ性よりエンタメ性の高い作品であるかもしれない。


インセプション [DVD]
インセプション  感想はこちら
          2回目はこちら

夢の中に潜入して暗躍する者たちを描いたサスペンスアクション。
幾重にも折り重なった夢の世界を見事に再現。
目で観て、頭で考えて、その世界観に十二分に浸る喜び。
映画を好きで良かったと思える瞬間でもある。


トイ・ストーリー3 [DVD]
トイ・ストーリー3  感想はこちら

時間の経過と共に作品自体も成長を遂げたシリーズ。
おもちゃたちの奮闘に手に汗握り、彼らの勇姿に号泣必至。
おもちゃを愛する全ての世代におくる物語。



悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]
悪人  感想はこちら

もがきながら生きる人たちの姿に胸が痛む。
作品が放つ力に触れて、涙が止まらなかった。
若手からベテランまで、演技力の高さも光った。




続いてDVD等で鑑賞したものから。
75本の中から今回初めて鑑賞したもののみを選びました。


扉をたたく人 [DVD]
扉をたたく人  感想はこちら

孤独な老人と移民青年との触れ合いを描く。
人は幾つになっても変わる事が出来る。
力強いメッセージを、肩の力を抜いた語り口で紡ぐ。
リチャード・ジェンキンスの演技力も見どころです。


サイコ (1960) ― コレクターズ・エディション [DVD]
サイコ  感想はこちら

今年はヒッチコック監督の作品を観る機会が多かった。
どの作品を選ぶか悩んだのですが・・・。
50年前、本作はかなりセンセーショナルだったはず。
その頃の事が偲ばれ、また今観ても十分面白い。


(500)日のサマー [DVD]
(500)日のサマー  感想はこちら

大好きな映画!
ストーリーも俳優陣も、音楽も、衣装や小道具に至るまでツボ。
よりジョセフ・ゴードン=レヴィット贔屓となった作品^^
サントラに続きBDも購入済み。


月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]
月に囚われた男  感想はこちら

どこかノスタルジックな月面風景。
そこで繰り広げられる物語は物悲しく切ない。
サム・ロックウェルの一人芝居にも拍手を送りたい。



以上、2010年、心に残った映画を挙げてみました。
記事に出来たのが合計108本、その中からちょっと急ぎ足で選んでみました。
今年も沢山の面白い映画に出会えますように!
そして、楽しいお話が出来たらとても嬉しいです^^
よろしければ、遊びに来てください~、お待ちしております。
nice!(19)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2009年のまとめ [映画ばなし*]

新年 明けましておめでとうございます。
 
昨年中はブログを通じて、色々とお世話になりました(^0^)ありがとうございました。
帰省から戻ってまいり、パソコンに向かっております。
留守中のご訪問やコメントの数々、ありがとうございました。
2010年も「歩いていこう。」で映画の話を書き綴っていきたいと思っています。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします!

例年は年末に書いていた「まとめ」の記事。
ゆっくりと振り返る時間が無かった事もあり、今、やっとまとめました~^▽^
遅くなってしまいましたが、お付き合い下されば嬉しいです♪
2009年、記事にした作品は113本。
(うち劇場で観賞したのは36本です。
年末に滑り込みで観賞した「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」は記事にしていませんが、それも入れると37本。2008年の46本には及びませんでした。)
DVDなどで観賞した映画の中には、記事を書いていないものもありますので、それらも合わせると150本ほど観ているのかな~と思います。
今年は出来るだけ、鑑賞した映画の記事を残していけたら・・・なんて思ってます(^ー^*)

それでは、行ってみましょう~。
(順番は、特に順位という訳ではありません。)

まずは、劇場観賞したものから・・・。

アバター
 アバター

映像が創り出す世界観に息を呑む。
その衝撃も記憶に新しく、しっかり心に残っています。
是非とも3Dでも体感したい1本。
-記事は こちら -



スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
 スラムドッグ$ミリオネア
湧き上がる躍動感と漲る生命力に圧倒。
一人の男の人生を、クイズと共に描く構成も秀逸。
昨年度アカデミー賞作品賞に輝いた。
-記事は こちら -




マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
 マイケル・ジャクソン THIS IS IT
改めてマイケル・ジャクソンの偉大さに気付かされた1本。
キング・オブ・ポップの勇姿を目に焼き付けました。
-記事は こちら





グラン・トリノ [DVD]
 グラン・トリノ  

チェンジリング 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]
 チェンジリング
ともにクリント・イーストウッド監督作品。
遣り切れなさの残る物語ではあるが、後味は決して悪くない。
特に「グラン・トリノ」では、円熟という言葉がこれ以上なく似合う。
- 記事はこちら グラン・トリノチェンジリング -




母なる証明 (幻冬舎文庫)
 母なる証明

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
 チェイサー
観る前に、かなり覚悟を決めて観に行った作品。
次なる展開に終始ハラハラさせられた。
怖いけれども、面白い。
韓国映画の底力をみた。
- 記事はこちら 母なる証明チェイサー -





続いては、DVDなどで観賞したものから・・・。


3時10分、決断のとき [DVD]
 3時10分、決断のとき

アイデンティティー コレクターズ・エディション [DVD]
 アイデンティティー
ともにジェームズ・マンゴールド監督作品。
この2本で一気に注目の監督になってしまった。
追々、他の作品も観ていくつもりでいます。
- 記事はこちら 3時10分、決断のとき
  アイデンティティー -





ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]
 ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

ビフォア・サンセット [DVD]
 ビフォア・サンセット
偶然出合った男女が、やがて恋に落ちるまでを描いた前作と、
同じ男女が9年後に再会する続編。
イーサン・ホークにときめく(笑)
- 記事はこちら ビフォア・サンライズ
  ビフォア・サンセット -




クリムゾン・タイド 特別版 [DVD]
 クリムゾン・タイド

イースタン・プロミス [DVD]
 イースタン・プロミス
潜水艦ものとマフィアもの・・・2作の共通点は?
どちらも緊張感がこの上なく張り詰める。
男臭さがたっぷりと漂う。
そして・・・ヴィゴですよ!ヴィゴ(笑)^▽^
- 記事はこちら クリムゾン・タイド
  イースタン・プロミス -


SMOKE [DVD]
 スモーク
煙草の煙とともに描かれる人々の日常。
人生のほろ苦さが目に染みる。
- 記事は こちら -




2008年は比較的、幻想的でドラマティックなストーリーのものを選んでいたように思いました。
うって変わって2009年は、ハードで男っぽい骨のある作品の占める割合が多いような感じですね^^
それにしても、数ある中から数本を選ぶ作業はホントに難しいものです、フ~。
2010年、まだ未知なるたくさんの映画に出会えることを楽しみにしながら。
まとめの記事、終わります。
nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

2008年のまとめ [映画ばなし*]

2008年も残りわずかとなってしまいました。
そろそろ、今年鑑賞した映画をまとめようかと思います。
年末年始、少し忙しくするもので、今年はこれ以上は観られないはずなので・・・。

大好きな映画の感想を、好きなように綴っていたら、このブログも先月で丸1年を過ぎていました。
自分でも続いている事に驚きつつ、これも遊びに来てくださっている皆さんのおかげだと思います。
誰かが読んでいてくれることが、すごく励みになっています^^
その上、コメントやnice!やTBなども頂けたり、交流をさせていただいたり、皆様いつもお世話になってます!
ありがとうございます(^ー^)/
これからも、マイペースで続けていこう。歩いていこう。と思っとりますので、よろしくお願いいたします。

それでは・・・映画のまとめ、行きまーーす!

劇場鑑賞は46本。
(うち「ダークナイト」は2回鑑賞。「ポケモン」の感想は書いてません、スミマセン^^;)
内心50本を目標にしてたので、残念ながらちょっと足りなかったですね。
来年は目標達成できるかな?
その中で印象に残ったものを、鑑賞順にご紹介!
(順位はつけていません、見た順番に並べています)


ミスト [DVD]
   ミスト
観た後ズシリと重いものが残った作品。
打ちひしがれて家路に着きました。
あまりにショックなラストだけど、“最後まで絶対、絶ー対諦めてはいけない”
というメッセージだと解釈したい。
ミストの感想は こちら


ダークナイト 特別版 [DVD]
   ダークナイト
ジョーカーを演じたヒース・レジャーの鬼気迫る演技はすごい。
全編を通じて、身が引き締まるような緊張感が漂う。
重厚な音楽も作品を盛り上げています。
ダークナイトの感想は こちら



ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]
   落下の王国
幻想的な夢絵巻がスクリーンいっぱいに広がる。
これほどまで美しい情景が、この世のどこかにあることに感嘆する。
劇場鑑賞できて、ホントに良かったと思えた1本。
映画に対する愛を感じました。
落下の王国の感想は こちら


K-20 オリジナル・サウンドトラック
   K-20 怪人二十面相・伝
邦画の中からも1本。
近ごろ贔屓の金城武主演。
心躍る、冒険活劇。
日本発エンターテインメントの傑作。
K-20 怪人二十面相・伝の感想は こちら

続いて、DVDで鑑賞したものから、


ペネロピ [DVD]
   ペネロピ
もう一人のご贔屓、ジェームズ・マカヴォイ。
彼も出演してるし、ブタ鼻のクリスティナ・リッチも可愛い。
ラブリーで胸キュンのお伽噺。
ペネロピの感想は こちら



つぐない [DVD]
   つぐない
こちらもマカヴォイ出演。
一つの嘘が生んだ悲劇を描く。
つぐないの感想は こちら




幻影師 アイゼンハイム [DVD]
   幻影師アイゼンハイム
独特の空気がそこにはある。
妖しい魅力に引き込まれてしまいました。
歴史モノも好きなもので^^
幻影師アイゼンハイムの感想は こちら



こうして見ると、私は幻想的な雰囲気のものが好きみたいですね^^
映画だからこそ描ける、ファンタジックな世界に夢中かも。
いずれにしても、限られた時間の中で、色んな世界を見せてくれる映画というものが大好きでたまらないのです。
来年もこんな調子で、続けて行きたいと思います(^ー^)v
nice!(15)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

なんと100記事 [映画ばなし*]

ちょうど100個めの記事になりました。
せっかく区切りのいい所なので、今までの記事をちょっと振り返ってみようかなと思います。
(実はあまり映画が観られない・・・と言う裏事情もあるのですが^^;)

「歩いていこう。」というブログタイトルと、ちょっとあってない気もしないでもないですが、一応映画ブログです。
100記事のうち、映画の感想が73記事。
最初の頃、1週間でまとめていた感想が4記事に、その他“映画ばなし*”のカテゴリーが3記事です。それ以外のお出かけや日々のこと等、たまに書いています。

映画は観たものすべて記事にするのが理想ですが、なかなかそうもいかず。
時間を置いてしまうと感想が頭から消えちゃったものや(笑)、なんとなく書きそびれた物なども実は何本もあります。
鑑賞はおもに近所のシネコンで。全国公開される大作系が多いかな?
いわゆるミニシアター系の映画は、近場でなかなか上映されずDVDでの鑑賞を待ったりします。

特に面白いと思ったり、自分の好みに合うと思うものは、記事中でその旨を書き記すようにしています。“お気に入り”とか、“傑作”とか、“面白い”とか。
好きなものはテンションも高いし、そういうフレーズが入ってるので何となく分かるかな~、と思います^^

各記事には、どれだけ読まれたかが分かる“閲覧数”の累計と言うものがあります。
映画の感想73記事の中から、閲覧数の高いものトップ10をちょっと紹介してみますね。
(クリックすると各記事に飛びます。この順位は7月29日現在のものです。)

    1位    カンナさん大成功です!   
    2位    クローバーフィールド/HAKAISHA
    同数2位 潜水服は蝶の夢を見る
    4位    ノーカントリー
    同数4位 インディ・ジョーンズ☆3作をまとめて☆
    6位    インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
    7位    JUNO/ジュノ
    8位    アフタースクール 
    9位    主人公は僕だった
    10位   スピード・レーサー

基本的に劇場公開されてすぐのものは、読んでいただく数も多いです。
その中で、DVD鑑賞の「カンナさん大成功です!」が1位でした。
「インディ・ジョーンズ☆3作をまとめて☆」は3作分なのもあるし、最新作が公開されてからグッと閲覧数が伸びました。
「クローバーフィールド」と「ジュノ」は記事を書いてすぐ、閲覧数が増えてビックリしました。
「主人公は僕だった」が「ナルニア」や「僕の彼女はサイボーグ」などを押さえて入っているのがちょっと意外ですね。

何となく100記事まで達成しました。
ほんとにマイペースに、大好きな映画のことを綴ってきた感じです。
今までどおりのこんな感じで、これからも続けていけたらな、と思います。
200記事とかいけるかな?
「歩いていこう。」をご覧下さっている方、いつもありがとうございます。
nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ギフトカードで・・・。 [映画ばなし*]

昨日、我が家に届いた郵便物。
これでした。

  
         2.jpg
                             ミュージックギフトカード。

ガソリンのメンバーズカードのポイントで、ダンナkunが交換したらしい。
「DVDも買えるよー」と言って私にくれました。
やった!
5000円分。ありがたやー。すまんのーダンナkun。

さっそく今日、DVDショップをウロウロ。
いやー、楽しいですよね、DVD売り場^^
“あ”から順番にじっくりみましたよ~。

こういう時、普段買えないようなお高い物を1点買いしてニヤニヤするのか?
(すみません、基本3000円を超えると私的には“お高い”と判断します^^;)
それとも廉価版で何本か買ってホクホクするのか?は、
自由だーーー!

はい、廉価版で行きます。(←結構即決)
DVDを買う時は、1度は鑑賞し、そしてその時“良い”と思ったものしか買わないようにしています。
今回はこういう機会なので、以前何かしら琴線には触れたけど買うに至ってなかったものを購入。


            0702.jpg
               3本買いました~。

ロック・ユー! 故ヒース・レジャー主演作。
          中世を舞台にした冒険活劇。友情あり、恋愛あり、ヒースの魅力が溢れてます。
スクール・オブ・ロック ジャック・ブラック主演。「ナチョ・リブレ」と悩んだけど、やっぱりこっち!
モンスターズ・インク 自分ばっかりじゃなんなんで、子供に。でも私も好きなんです。
どれも過去に鑑賞済みですので、すぐには記事にしないかもしれません。ボチボチ観ます^^

まだギフトカード、1枚残っているので何か買える、ウホホ。
(「ヘルボーイ」の廉価版が7月23日に新たに発売されるみたい、それにしようかな)

・・・って、近ごろのガソリンの値上がりの事を思うと、そんなに喜んでばかりもいられないんですよね。(その他も色んな物の値段が上がってる~>_<)
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2007年のまとめ [映画ばなし*]

いよいよ明日は大晦日。
2007年の映画鑑賞をまとめてみます。

劇場では32本を鑑賞しました。
引越しが落ち着いた4月の終わりごろからは、レディスdayを活用して映画館に足を運びました。

2007年 劇場鑑賞の中で、特に心に残ったものは・・・


ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)
      ブラッド・ダイヤモンド   
映画で描かれている“紛争ダイヤモンド”の存在と、それを取り巻く状況に衝撃を受けました。こんな現実があるとは知らなかった。
私の心にかなり響き、観てよかったと実感できる映画でした。

映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック
     ヘアスプレー
扱うテーマは重いけれど、それを吹き飛ばしてしまうパワー溢れる映画。
出演者みんなピッタリ嵌っていました。
ハッピーな気分をもらえます。

ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション
     ボルベール<帰郷>                                          アルモドバル監督の女性3部作と呼ばれるものの中で、これが一番面白いと感じました。女性のタフさや強かさ、女性同士の血の繋がりの濃さや連帯感みたいなのものがよく描かれていた。ペネロペの肝っ玉ぶりがめちゃカッコいい。

シッコ    シッコ
アメリカの医療保険制度を取り扱ったドキュメンタリー。金銭面の事情から保険に入れない人がいて、治療費が払えないので病院にも行けない。皆が保険に入れないということに、普通にビックリしました。



DVDでは、80本ほど観たと思います。
その中からは、

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
    善き人のためのソナタ  (2006) 
ラストでの男の表情で、ドッと涙が溢れてきました。
静かだけど、胸にせまるいい映画でした。

うつせみ     うつせみ  (2004)
不思議なオーラに包まれてます。
こんな愛の世界もあるのかと、、、一見の価値ありです。

僕の大事なコレクション 特別版     僕の大事なコレクション  (2005)
ウクライナが舞台で異国情緒溢れる風景と音楽のロードムービー。
最初のちょっとコミカルな印象からは、物語があんな風に進むとは思いもしなかった。
俳優リーヴ・シュレイバーが監督しています。

パフューム スタンダード・エディション
    パフューム ある人殺しの物語  (2006)
すごく生々しい映像で、嫌悪感を抱きつつも目が離せませんでした。
臭いにとりつかれ本能のままに生きた男の物語。


来年も、たくさんの映画に出会いたい!
そして感動したい!
色んな世界に連れて行ってくれる、わたしは映画が大好きです!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画
映画ばなし* ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。